Search
6632
コンポーネント試験機
精密型インピーダンスアナライザ 10Hz~1/3/5/10/20/30MHz

6632精密型インピーダンスアナライザーは、AC信号のLCRテストに使用できる6つの周波数オプション(10 Hz〜1/3/5/10/20/30 MHz)を提供します。テスト周波数とテストレベルは、連続的な変化で測定できます。 さまざまなテストおよびモード条件で高速連続テストを実行できます。 出力インピーダンス25Ω/ 100Ω切り替え可能です。ALC補償、マルチステップテスト、BIN分類およびコンパレーター機能により、自動コンポーネント生産中に良品と不良品を分類します。 内蔵DCバイアス電圧±12V、およびオプションの外部DCバイアス電圧/電流0〜±40V /±100mA。圧電セラミック材料のアドミタンスサークル図を正確に測定し、静電容量を測定するためのDC電圧特性を提供します。 また、オプションの等価回路分析機能は、7つの異なるパラメーターモデル(3つのコンポーネント、4つのコンポーネント)をサポートしているため、コンポーネントの同等のパラメーター値をシミュレーションするのに役立ちます。 6210、6220、または6240 DCバイアスソーステストシステムで使用できます。 また、RS-232、GPIB、ハンドラー、LAN、USBホスト/デバイス、その他のインターフェースをサポートしています。

6632は、さまざまなテストフィクスチャおよびアクセサリとともに使用できます。 例:誘電率テストフィクスチャFX-0000C7、εr '、εr "を直接計算します。PCBブランクボードまたはセラミックボードなどの評価。評価には液体誘電体フィクスチャFX-000C20を使用します。 電気化学材料の特性分析:透磁率テストフィクスチャFX-0000C8を使用して、機器の組み込み式は、さまざまなトロイダルコアまたはフェライトコアおよび電磁シールドコーティング材料の透磁率係数μr 'およびμr "を直接計算します。 その組み込み式により、測定ステップが簡単かつ迅速になります。

高い精度が要求されるさまざまなタイプのジョブやアプリケーションに最適な測定精度と多様性は、半導体、コンポーネントメーカー、R&Dユニット、受入検査、研究所、学生などのユーザーに最適です。

  • 信号源周波数範囲:DC 10 Hz 〜1/3/5/10/20/30 MHz
  • 基本抵抗確度±0.08%
  • 自動電圧安定化機能    
  • 出力インピーダンス25Ω/100Ω 切換可能
  • メータモード、マルチステップ、等価回路モードの分析を提供可能です。
  • DCバイアス電圧±12 V、オプションの外部DCバイアス電圧0〜±40V /電流±100mAを提供しています。
  • 圧電セラミック材料のアドミタンス円の描画を測定し、静電容量を測定するためのC-V曲線を提供してます。
  • 測定速度 < 3mS(FAST)
  • オープン/ショート/負荷補正機能
  • メータモードでは、最大4つのコンポーネントパラメータを選択可能。インダクタンス値とDCR値を同時に測定して表示可能
  • 自動部品分類:コンパレータ及びHandler BIN分析機能
  • 液体誘電体、誘電体フィクスチャ、透磁率測定など、さまざまなフィクスチャを搭載可能です。
  • DC BIAS 6210/6220/6240を搭載可能です。
  • RS-232、GPIB、Handler、LAN、USB Host/Deviceをサポートできます。
  • 開発、試験室などのテスト領域に適しています。
  • コンピュータ接続ソフトウェアを購入して、測定データを収集および分析できます。
     
 
四つのパラメーター  
800*400 7 インチのカラー液晶画面、同時、四つのパラメーターを設定可能です
 

校正

テスターを測定する前に、オープン、短絡、高周波負荷補正、および固定周波数負荷補正が必要です。

     
   

DCR インダクタンスの評価

誘導部品の特性測定やDCの抵抗特性測定に使用されます。インダクタンスの評価に一般的に使用されるパラメータ値は、Ls / Lp / Q / SRF / DCRです。インダクタのターンと巻線の材質は、DCR値に影響を与えます。

 

マルチステップ試験

マルチステップリストテストは、最大15セット50プログラムを保存できます)までの機能に自動的にプログラムされます。 

 

     

 

出力インピーダンス 25Ω/100Ω 及びALC

出力インピーダンス25Ω/100Ωを切り替え可能です自動レベル制御(ALC)によりコンポーネント測定できます。例えば、静電容量値が1uFを超える多層セラミックコンデンサ(MLCC)では、静電容量値が測定中の実際の静電容量よりも低い場合があるため、ALC測定を開く必要があります。一般的に、コンデンサのパラメータ値はCs / Cp / D / Q / ESR / DCバイアス電圧です。

 

誘電の治具/液体誘電

使用介電常數測試治具誘電率テストフィクスチャFX-0000C7を使用して、材料の誘電率εr '、εr "を直接計算します。PCBの空のボードやセラミックボードなどを評価します。

電気化学材料の特性を評価するには、液体誘電体フィクスチャFX-000C20を使用します。

     
     

透磁率

透磁率テストフィクスチャFX-0000C8を使用して、さまざまなリングコアまたはフェライトコアと電磁シールドコーティング材料の透磁率係数μr 'μr "を直接計算します。

 

 

 半導体ウエハーまたはセラミック多層コンデンサーによるDCバイアス電圧特性の評価

Y5VタイプのMLCCエレメントのDCバイアス特性を測定しました(サイズは1206で、FX-000C12が取り付けられています)。直列キャパシタンス値は100Hzの周波数で9.70uFであり、DCバイアス電圧±12V6632インピーダンスアナライザーを使用して適用され、キャパシタンス値は9.7uFからです。それは1.46uFに落ちました。

     
     

等価回路モード解析(オプション)

Eモデルは共振器の測定・解析に適しています上図は2つの共振周波数特性を示しています。一般に、共振器、圧電板、センサーなどのコンポーネントを分析する場合、複数の共振周波数を持つ可能性があるという点で他のコンポーネントとは異なります。例えば、圧電材料が最大振幅で出力するためには、共振周波数の範囲を正確に知る必要があります。上の図に示すように、このモデルでは2つの共振点間の周波数を明確に分析できます。

  7種類のモデルをさまざまなタイプのパラメーター(抵抗、インダクタンス、静電容量)と組み合わせて、3つまたは4つの要素を使用してインピーダンスと周波数特性をモデル化します。独自の等価回路パラメーターのインピーダンス軌道値をシミュレートし、それを実際の測定軌道と比較して、自己共振周波数(SRF)を参照します。
     
   

PCB基板巻線インダクタンスコイル

自動車のパワーモジュールでは、インダクタコイル構造を形成するために使用される多層PCB基板の巻線が増えています。PCBエッチングプロセス中に銅箔巻線に寄生する寄生容量と抵抗損失により、全体的なインダクタンスが減少し、共振周波数SRFがバイアスされます。これらのPCB欠陥製品は、最終的なアセンブリテストでNGが発生する可能性があります。6632は、PCBコイルボードL / Q / DCR / Rs / SRFの重要なパラメータを測定するために使用できます。

 

RFID / NFC /自動車用無線アンテナ評価インピーダンス特性

 アンテナは、実際に使用する際に周辺回線を備えている場合、一般的に送信機のパワーアンプ(PA)に接続され、LNAは他の受信機に接続されますが、アンテナの最も重要な特性はインピーダンス整合です。 最大出力に達しました。

6632インピーダンスアナライザーの等価回路モデルを使用して、静電容量特性が高いインピーダンスを持つかのように低周波数でアンテナを分析し、インダクタンスが高いインピーダンスを持つように高周波でアンテナを分析できます。最も重要なカットオフポイントは、プロットによって分析される共振周波数です。 この機能は、ピンキャパシタンスと直列等価抵抗が全体的なインピーダンス特性に及ぼす影響の度合いを調べます。

     

圧電素子/水晶解析周波数特性

圧電セラミック材料のアドミタンス円の描画を正確に測定します。 Fs / Fp / Qm / Kpなどの圧電素子の主要パラメータの分析です

   

 

測定仕様データ

   

     

測定周波数

6332-3G, 6332-3GS 10Hz ~ 3MHz
6332-5G, 6332-5GS 10Hz ~ 5MHz
6332-10G, 6332-10GS 10Hz ~ 10MHz
6332-20G, 6332-20GS 10Hz ~ 20MHz
6632-30G, 6332-30GS 10Hz ~ 30MHz
最小分解能 100mHz, 6桁表示
確度

7 ppm±100mHz

基本確度 ± 0.08% 

    

 

 

AC 測定

 

測定信号電圧範囲  10mV - 2Vrms
電圧最小分解能 1mV
確度 ALC ON:6% * 設定電圧±2mV
ALC OFF:10% *設定電圧 ±2mV
測定信号電流範囲 200µA - 20mArms
電流最小分解能 10µA
確度 ALC ON:6% * 設定電流 ± 20µA
ALC OFF
:10% * 設定電流 ± 20µA
試験時間(FAST) < 3ms
出力インピーダンス 25Ω、100Ω(標準値)切替可能

測定パラメータ

|Z|(インピーダンス)、|Y|(アドミタンス)、θ(位相角)、X(リアクタンス)、R(電気抵抗)、G(コンダクタンス)、B(サセプタンス)、L(インダクタンス)、D(損失係数)、Q(品質係数)、DCR(直流抵抗)、C(静電容量)、ESR(等価直列抵抗)、µr(相對誘電率)、εr(相對透電率)

測定モード Meterモード、マルチステップリスト、スイープ
校正機能 オープン/ショート/負荷
等価回路 直列、並列
等価回路モデル解析(オプション) 3要素(4モデル)、4要素(3モデル)
マルチステップ試験 50セットのマルチステップテスト設定(グループごとに15テストステップ)
DCバイアス電圧/電流 0から±40V /±100Maまでです
PC LINK/CPK報表環境 オプション可能
內部メモリー 100組LCRメーター設定可能,マルチテストステップ50個(テストステップ15項目まで)
外部usbメモリー LCRメーター設定可能、BMP、マルチステップテスト設定可能、送信画面及びデータ

  

インターフェース

I/O インターフェース Handler
直列通信インターフェース USB、RS232、LAN、USB Host
並列通信インターフェース GPIB
液晶パネル 7.0”TFT, カラー画面解像度800x48
動作環境 度:10℃ ~ 40℃、湿度:≦80%RH

電源

電圧範囲 90V 264Vac
周波数範囲 47Hz ~ 63Hz
消費電力 低消費電力設計:最大30W(標準値)
寸法(W*H*D) 359x147x343 mm
質量 3.95 kg 

パラメータテスト範

  
|Z| 0.000 mΩ to 9999.99 MΩ
R, X ± 0.000 mΩ to 9999.99 MΩ
|Y| 0.00000 µS to 999.999 kS
G, B ± 0.00000 µS to 999.999 kS
θRAD ± 0.00000 to 3.14159
θDEG ± 0.000° to 180.000°
Cs, Cp ± 0.00000 pF to 9999.99 F
Ls, Lp ± 0.00 nH to 9999.99 kH
D 0.00000 to 9999.99
Q 0.00 to 9999.99
Δ ± 0.00% to 9999.99%
Rdc 0.00 mΩ to 99.9999 MΩ
εr''  0 to 10000
μr'' 0 to 10000

応用範囲

  
助動部品 コンデンサー、インダクタ、抵抗、トランス、セラミック発震し、水晶発震し
半導体部品 電圧ダイオード之 cv 特性分析、ダイオード
誘電体材料 プラスチック樹脂、セラミック、基板の静電容量評価
透電磁材料  
その他インピーダンス 基板のインピーダンス評価
カタログ
ビデオ

 

影片名稱:

益和 MICROTEST

Impedance analyzer 6632 highlights 特色介紹 

 

For YOUKU Link:
1. Impedance analyzer 6632 highlights 特色介紹

影片名稱:

益和 MICROTEST

Impedance analyzer 6632&LCR Meter 6630
Correction 校正操作說明

 

For YOUKU Link:
1. Impedance analyzer 6632&LCR Meter 6630 Correction 校正操作說明

付属品/治具

付属品

  • 高周波DIPコンポーネント測定治具(FX-0000C19)

オプション

  • 高周波DIPコンポーネント測定治具(FX-0000C6)
  • ケルビンテストリードBNC Box含め(F423906A)
  • BNC延長テストリード(F663001/A/B/C)
  • 誘電率測定治具(Fx-0000C7)
  • Liquid Dielectric Material Test Fixture(FX-000C20)
  • 透磁率測定治具(Fx-0000C8)
  • 材料測定治具(Fx-0000C9)
  • 高周波精密型プッシュ型SMD測定治具(Fx-0000C10)
  • 高周波精密型ピンセットテストリード(Fx-000C11)
  • 高周波精密型SMD測定治具(Fx-000C12)
トップに戻るトップに戻る